読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映り込む銀河 2015.3.31 Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ レビュー

広告

こんばんは。

去年の天の川の写真をアップ致します。

無風ですと映り込むのですが、高感度に弱い5DⅡ使用でした。

低感度でポラリエを使用し撮りました。

 

Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ

  価格は安くお手頃で軽量な簡易赤道儀です。

・本体重量:約800gと軽いです。

・電源:単3電池2本(連続駆動2時間以上)なので予備電池を持っていけば夜中は

 撮り続けられそうです。

・外部電源:USB-mini端子対応。

・搭載可能重量:1.5kg(雲台込み)なので、フルサイズ+レンズだと重量が超えて

 しまいます。しかも、自由雲台も軽量なモノを使用しないといけないです。。。

 

私は「Velbon 自由雲台 QHD-33」を使用しています。

フルサイズ+レンズで1.5kg超えるような組み合わせでも大丈夫だったりします。

少しの揺れでブレは酷いですが...

そこを注意して使用すれば問題ないです。

実際に↓の写真に使用したカメラ5DmarkⅡ+24-70F2.8L重量にも耐えています。

 

作例写真
 
機材 5DmarkⅡ 24-70F2.8L f2.8 ISO1600 24mm 120秒
このように、長秒露光しますと景色まで流れてしまいますので30秒が目安です。
極端に天の川を強調したかったので長秒露光しました。
 
30秒ポラリエで露光+ポラリエ止めて30秒露光し60秒という手もあります。
そこは、状況により判断が難しいです。

 

 機材 5DmarkⅡ 24-70F2.8L f2.8 ISO1600 24mm 60秒

こちらも60秒も露光しているので景色が流れてしまっていますが、星が点像で写っています。どちらを撮るかで露光時間を違ってきてしまいます。

景色を止めたいなら、30秒露光付近でしょう。

f:id:julymusashi001:20160402141009j:plain

 

 

Kenko ポータブル赤道儀 スカイメモS 

他にも「Kenko ポータブル赤道儀 スカイメモS」がお手頃価格であります。

むしろ、こっちの方が安いですね!

もう少し早く発売されていれば、間違いなくこちらを買ったでしょう。

 

搭載可能重量は5kgとは差がデカ過ぎる!

フルサイズを2台載せても大丈夫な重量とはビックリ。

安心感がありますし、値段も安いです。

 

ただ、使った事がないので何とも言えないですが。。。

2択で迷ったら現時点で私はこちらを購入したいですね!